Skip to content
Linklish » オンライン英会話コラム » 英会話教室の年齢層・男女比はどんな感じなの?

「英会話教室に通ってみたいな~」と思いながらも、実際のスクールの年齢層はどうなのだろう?男性と女性の割合はどんな感じだろう?とか、少し気になることはありませんか?

このページでは英会話教室のスクールやコースごとの年齢層や、男女の割合についてまとめてみました。

英会話スクールの年齢層

英会話スクールの年齢層は幅広く存在します。

英会話スクールに年齢制限なんてものは、もちろんありません。

学校やスクールによっては、幼児・子供などの年齢層をはじめ、中学生・高校生・大学生などの学生、社会人・専業主婦・シニアまで、ありとあらゆる年齢層がいます。

スクールの中でも年齢層別にコースが分かれていたりと、受講者の目的や学習できる時間帯に合ったコースが展開されていることが多いです。

スクールのタイプ

英会話スクールのタイプによっても、年齢層が若干変わっています。

ちなみに大手の英会話スクールの場合は、幼児からシニアまで、幅広い年齢層を抱えているのが特徴です。

また、TOEICや英語検定に特化したスクールは、中学生、高校生、大学生と学生が多くなります。

コースも趣味の英会話に注力したもの、ビジネス英語の実践的なものに注力したものなど、様々なコースが存在します。

コースと年齢層

コースと年齢層はどうでしょうか?

日常英会話コースや、趣味などのコースの場合は、専業主婦そしてシニア層の割合が多いです。

またビジネス英会話のコースであれば、やはりOLやビジネスマンがメインとなります。

他にも例として、TOEIC専門のコースがあった場合は社会人のほかに、高校生や大学生等の割合も比較的多くなります。

エリアと年齢層

エリアの年齢層はどうでしょうか?

スクールのある日や時間帯によって、かなり変わってきます。

例えば都内のビジネス街周辺にあるスクールでは、その近辺で働く社会人やOLさんが多い傾向にあります。

逆に住宅街にあるスクールでは、近所に住む子供や主婦、シニアが多くなります。

エリアにもスクールごとの特性があるため、自身の周辺にある英会話スクールを確認してみると良いでしょう。

時間帯と年齢層

時間帯と年齢層はどうでしょうか?

 時間帯は平日の早朝や、夜間のクラスは、通勤前後の社会人が多くなります。

 平日の昼のクラスは、専業主婦やシニア、園児の割合が多くなります。

 そして夕方以降は授業を終えた、中学生・高校生・大学生がメインになります。

 ちなみに土日は、平日勤務が多い社会人の割合が多くなりますが、他の曜日と比べると様々な年齢層がいることが多いです。

レッスン料金と年齢層

価格帯も年齢層によって変わってきます。

例えば、短期間で英語力を高めるスクールの場合は、月10万円以上の高額のケースが多いです。

そういった高額のレッスン料を払う層は、ビジネスマンの方が圧倒的に多くなります。

年齢も30代〜40代位の人が多く、海外出張などのため、英会話の習得が早急に必要な人の割合が比較的多いです。

まとめ

英会話スクールの年齢層や男女比は、スクールの規模、コース、立地、レッスン料金、などによって左右されます。

こういった傾向を踏まえて、自分はどんな層にいるのか?

そして、自分は何を学びたいのか?そういった「英会話で学ぶ目的」を考えて、選んでみると良いでしょう。