Skip to content
Linklish » オンライン英会話コラム » 子供英会話の教え方

「子供は英語が出来るようになってほしい!!」というのが大抵の親の願いです。ある程度、英語が出来る親も、昔よりは多くなってきましたが、いざ我が子に英語を教えようとすると…なかなか難しいものです。

今回は、どうやって子供に英語を教えたら良いのか?ということを、お話していきたいと思います。

子供に英語を教える

子供に教えるときに気をつける事…それは、子供が楽しめる工夫をすることが、一番大切かもしれません。たとえば、英語のちょっとした間違いを、しつこく直してきたり、少し間違えたばかりに、笑ったりすると子供はやる気をなくして、英語は面白くないと言うに、思うようになってしまいます。

ですが、どんな時でもどんな事でもでも、子供が出来たのであれば、どんどん褒めて英語の時間は、「一緒に過ごせて楽しい!!」と思わせることがポイントです。

家の中で英語に親しむ

子供に英語を教えるためには、楽しいと思える環境作りが大切です。英語を楽しくまなぶために、ゲーム・おもちゃ・DVDなどを上手に、取り入れてみましょう。そして親も見ながら、一緒に楽しく英語に触れる様にしてみましょう。

たとえば踊りながら英語の歌を歌ったり、ジェスチャーをつけてみたりすると、発音だけでなく、リズム感をやしなうこともできます。

そのほか買い物ごっこをしたり、レストランごっこなどをするのも良いですね。野菜・果物・料理の名前を英語で言ったり、ウェイターの真似をしたり、数を数えたりするのも楽しく学ぶ方法です。この時の注意点ですが、必ずしも正解したとか、間違っていたなどの指摘せずに、純粋にやっていることを楽しむ事が、大切と言われています。こういったことは、家庭の中でも簡単にできることかもしれません。

英語の環境を作る3つのポイント

日本にいながら日本語の生活の中で、英語を覚えるというのはとても大変です。英語も日本語と同じように「覚えて使う」ということがとても大切です。

英語学習の時間以外にも、英語に触れる環境を作ることが大切といえます。そのためには、3つのポイントがあります。そのうちの1つが「英語のツール」そして「話す相手」最後に「話す場所」が大切と言われています。

Point1:英語のツールを使う

1つ目のツールですが、これは英語の教材・絵本・DVDやテレビなどです。もちろん、一緒に見たり、聞いたり、話したり、楽しく親も参加するのがポイントです。

Point2:英会話スクールの先生と話す

2つ目のPointですが、話す相手は英会話スクールの先生を指します。実際のお教室に行く事ができれば、それも良いですがオンラインでも楽しく会話できればそれも良いです。

Point3:英語しか使えない場所を作る​

どうしても日常だと気がイベント性がなく、面白みにかけてしまいます。非日常のスチュエーションをつくるという意味で、イングリッシュキャンプや英語研修に、行くといった方法があります。もちろん海外旅行に行ければ、なお良いです。

まとめ

英語習得の順番は日本語と同じように、まずは「聞く」そして「話す」の順番になります。とにかく英語をたくさん聴いて、たくさん慣れさせるということが、語学の習得に関してはとても大切です。

そしてインプットするだけではなく、アウトプットすることにより、記憶が定着していきます。インプットは出来ても、アウトプットする事はなかなか、日常の中では難しいと思います。

その点では、うまく英会話スクールを利用したり、オンライン英会話利用したりして、とにかくネイティブの人と話す機会を多くして、英語になれる工夫が大切といえるでしょう。