Skip to content
Linklish » オンライン英会話コラム » 子供英会話は何歳から通わせればいいの?

子供の英語の教育は、「早いうちから始めた方が良い」と言う話をよく聞きます。ですがどんなことを、どんなタイミングでやったら良いのでしょうか?なかなか分からない、というのが本音だと思います。今回は「どんな風に進めたら良いか?」と言うことをお話します。

英語の勉強は何歳から?

英語の勉強は、一体いつから始めるのが良いのでしょうか?そのタイミングについて考えてきましょう。英語を始める良いタイミングは、0歳から5歳の時期だと言われています。

「日本語もロクに話せない赤ちゃんに、英語を教える?」と思うかもしれませんが、幼児期の子供を対象にした教材は、結構多くあります。また、お腹にいる胎児の頃から、英語を教え始めたと言う方も多いです。大きくなってからでも良いですが0歳から始めた方が、より身近に感じられるのではないでしょうか?

英語を早く始めるメリット

「英語に多く触れると、英語を習得しやすくなる」と言われています。そしてそのためには、少しでも多く時間を作る事だといわれています。ちなみに英語を日本人が習得するために、必要な時間は2000時間だと言われています。つまり1日3時間の勉強したとして、約2年間かかるという計算です。
たしかに1日3時間勉強すれば、身につくのかもしれませんが、子供が学校に入ってから、1日3時間もの時間を英語に費やすと言うのは、とても難しいことです。そこで小さい幼児期に英語にたくさん英語に触れることで、時間を短縮することができるのです。

5歳までに始めると良い理由

5際までの子供は、音をスムーズに覚えられる、というメリットがあります。
まだ0歳の子供は、音を言葉として認識をしてないのです。そのため英語は英語として捉えていますので、単純に単語や英文が入ってくるのです。そして赤ちゃんは日々の生活の中で、その言葉に意味があるということを、だんだん理解していくと言われています。大人の学習でも、「英語を聞き流して覚える」という方法があります。
これと同じように、0歳から5歳までの柔軟な時期であれば、聞いた音を英語としてそのまま、捉えることができるのです。また「5歳位までの子供は、聞いた言葉に1番近い音を発することができる」といれています。そういった関係でなるべく、5歳までには学習を始めることがオススメです。

まとめ

「5歳までの時期に、日本語だけを聞かせていると、耳が慣れてしまい、絶妙な発音が聞き取れなくなる。」と言われています。幼児期の英語学習といっても、難しいことはあまりなく、聞いたことを繰り返すという遊びのような方法でも良いのです。
それを5歳までにスタートするだけで、英語の基礎を助けることができ、この時期に英語に触れた子と触れてない子では、その後大きな差がつくと言われています。
難しいことを考えずに、この機会に、英語のレッスンをスタートしてみませんか?