Skip to content
Linklish » オンライン英会話コラム » 子供英会話の講師は日本人講師がいい?外国人講師がいい?

子供の英会話教室の先生は、日本人の先生と外国人の先生どちらが、いいんでしょうか?せっかく教えてもらうなら、日本人の先生よりも、外国の気分が味わえる外国人の先生がいいな!なんて思ったりしませんか?

今回は日本人の先生と外国人の先生、どちらがどんな風にいいのか、それぞれの特徴を挙げて、お話をしてみたいと思います。

日本人の先生のメリット・デメリット

日本人の先生から、英会話を学ぶ場合のメリットとしては、日本人の先生は、日本人の子供向けに作られた「英語教育プログラム」というコースを習得している人が、多い点があげられます。また英語だとなかなか分かりにくい、そして伝わりにくい言葉を、日本語でわかりやすく説明してくれると言う所にあります。

日本人の先生のデメリットとしては、やはり発音です。ネイティブの方に比べると、やはり劣る場合があります。ですが最近では、ネイティブの先生と同じくらい、発言の良い先生もいます。

また、日本人の先生の場合は、いざとなったら日本語が通じる、という緊張感にかけるところもあるでしょう。外国気分を楽しみに、外国人の先生がいると思って、ドアを開けたら、日本人の先生がいて、かなりガッガリした、なんていう話も聞きます。

外国人の先生のメリット・デメリット

外国人の先生から、英語を学ぶメリットとしては、どんなものがあるでしょう。やはり外国の文化で育ってきているので、話のニュアンスによっては、日本にいながら外国気分が味わえるところでしょう。また外国の人と話すことに慣れる、というのが最大のメリットかもしれません。

デメリットとしては、日本人の子供向け「英語教育プログラム」を受けていない方が多い印象です。たまに日本語が全くしゃべれない、外国人の先生もいて、レッスンで何を言っているのか?分からず、逆に英語で話す事が、アレルギーになってしまう子もいます。そうなってしまっては、なんのための英会話教室だかわかりません。

まとめ

外国人の先生のメリット&デメリット、そして日本人の先生のメリット&デメリット、いろいろあるかと思います。そういった意味では、外国人の先生がメインでいて、外国の雰囲気を楽しみながら、日本人の先生が文法を丁寧に教えたり、困っているところをサポートするといったレッスンが、ベストなのかもしれません。

結論としては、「外国人の先生と日本人の先生の両方から学ぶのが良い」ということになりそうです。