Skip to content
Linklish » オンライン英会話コラム » 講師は日本人が良い?外国人が良い?

講師は日本人?外国人?
それぞれのメリット・デメリット

英会話を習う際の講師は日本人が良いのか、外国人が良いのか。それぞれにメリット・デメリットがあり、人によって向き不向きがあります。

このページを見て、担当講師を選ぶ参考にしてみてください。

外国人講師に習うメリット・デメリット

外国人講師といってもネイティブだけではなく、第二言語として英語を習得した人もいます。英語指導経験者から、指導経験はなく、英語と日本語を理解できる、というケースもあります。

外国人講師に習うメリット
  • 発音が自然できれい。特にネイティブから習えばその国の発音を覚えられる。
    発音に厳しく、ちょっとした違いも指摘してくれる。
  • ネイティブが日常的になにげなく使う表現なども学べる。
  • 英会話の臨場感が高まり、雰囲気に慣れる。
  • 海外の話題や文化にも親しむことができ、行ってみたい国があれば情報収集もできる。
外国人講師のデメリット
  • レッスン中の会話は全て英語。意思の疎通がスムーズにいかず、最初は時間もかかり大変。
  • 講師が何を言ってるのか理解できないこともある。
    わからないときにストップをかけられないと、理解できないまま一方的に進んでしまうケースも。
  • 意外と文法の知識が不足している人も多く、日本人講師ほど細かい説明ができなかったり、伝わりにくい。
  • 学習者の気持ち、不安がわからないことも。学習の相談もしにくい。

日本人講師に習うメリット・デメリット

日本人講師は主にバイリンガルと英語指導資格・教員免許を持つ人がいます。

英語力だけではなく指導に必要な確かな知識を持ち、必要に応じて日本語を交えながら指導してくれます。

日本人講師に習うメリット
  • 英語の表現や発音、文法など、理解できない細かい部分も日本語で質問できる。
    また、質問の意図も伝えやすい。
  • 外国人講師よりも基礎となる文法に強く、説明も丁寧。正確に指導してくれる。
  • 自身も第二言語として英語を学んできたので、学習者の苦労や挫折する気持ちも理解できる。
  • 英検やTOEICなどの資格対策にも強い。
日本人講師のデメリット
  • 発音が正確でない場合がある。ネイティブと比較すると、「日本語なまり」が強いケースも。
  • 外国人と話すときのような臨場感が感じられない。
  • 日本語が通じる安心感から甘えてしまいがち。
  • 現地で使われる表現や単語などに疎い場合がある。

外国人講師、日本人講師ではどっちがいいの?
向いている人は?

日本人講師と外国人講師のどちらが良いか迷った場合は、自分の英語レベルを基準に考えてみましょう。

初心者で英語力に不安がある人は、語学としての基礎をしっかりと学べる日本人講師がおすすめ。

日本語が通じる安心感があることと、学習面の質問がしやすいので、英会話に慣れるという面ではメリットは大きいでしょう。ある程度慣れてきたら外国人講師に切り替える方法もあります。

逆に、ある程度英語が話せる人や、海外への興味が強い人は外国人講師のほうが雰囲気も楽しめるのでよいでしょう。

発音にこだわりたい人、耳を鍛えたい人にはぴったりです!また積極性のある人にも向いています。