Skip to content
Linklish » オンライン英会話コラム » 英会話スクールの受講料は経費で落とせる?

「仕事で必要だし英会話を習おうかな?」そう思っている個人事業主の方に朗報です!実は英会話スクールの受講料も経費で落とせる場合があるんです。経費で落とせる基準を紹介します!

個人事業主ならではのお得情報!習い事も経費で落とせる

ご存じでした?実は、個人事業種は習い事を経費にできるんです!

でも、なんでも落とせるわけではなく事業内容や仕事内容に直接関連するもの、業務へのスキルアップにつながるものだけです。

そこで「海外展開したい」「外国人のお客さんが多いからもっと英語力を上げたい」という個人事業種の方々に朗報です!なんと英会話スクールの受講料も経費で落とせます!

海外から買い付けてオンラインで販売している、英文メールを使う、海外から問い合わせがあるなど既に業務で使っている人で「知らなかった!」という方は、ぜひ今後の事業のためのスキルアップにお役立てください。

英会話が経費になる判断基準と注意点

英会話を経費で落とす場合は、事業内容や業務内容への貢献度が高ければ研修費として落とせます。

英語が直接必要と認められるかどうかについては、法令「所得税法基本通達37-24」に基づいて判断されます。

英語をもっと効率よく身に付けるならダブルレッスン!!

いざ習い始めたはいいけど、英会話ってなかなかすぐには上達しないもの。「○カ月で話せるようになりますよ」なんてうたい文句に誘われて入会しても、1年や2年たってもペラペラにならない人は意外と多いのです。「英語力が伸びない」「全然聞き取れない」「忙しくて通えない」と、そのうち挫折してしまう人たちは後を絶ちません。もったいないですよね。

 

忙しくても効率よくモチベーションも維持しながらコツコツ学習することが、確実な英語力を身に付ける方法です。特に忙しい個人事業主ならなおさら求めるものですよね。それであればより効率的な方法として、オンラインとスクールの併用をしてみては?

 

オンラインとスクールの併用なら、それぞれのメリット・デメリットをカバーしてくれる最高で最強の組み合わせなのです。費用を気にすることなく受けられるので、ケチらずに自分に合ったスクール選びもできます。

 

【英会話スクールのメリット・デメリット】

メリットは臨場感があり進歩状況もわかること。スクールによって指導スタイルや講師に特長があり、自分に合った環境で学べます。比較的バランスよく学べます。デメリットは通勤時間がかかること、格安校でなければテキスト代や入学金など意外と費用がかかります。

 

【オンラインスクールのメリット・デメリット】

メリットはレッスン時間が1回25分と短いので、毎回都合のよい時間帯で予約できるからすき間時間に学習できます。時間が短い分月謝もリーズナブルです。デメリットは進歩状況がわかりにくく、講師によって予約が取りにくいこと。