Skip to content
Linklish » オンライン英会話コラム » 英会話をならうと、お金がもらえるって本当??

英会話を習うと、お金がもらえるって…どこかで聞いたことはありませんか?

習いに行きたくっても、お金のことを考えると、なかなか通えなかった…

仕事も忙しくてなかなか行く暇もなかった、そんなあなたに朗報です。もしかしたら、今がチャンスかもしれません。今回は、給付金のことをリサーチしてみたいと思います。

一般教育訓練給付制度とは

社会人の方でしたら、一般教育訓練給付金制度という言葉を、聞いたことがある方もいるのではないでしょうか?一般教育訓練給付金制度と言うのは、支払った授業料の1部が戻ってくるという仕組みです。

これは一定の条件を満たした方が、厚生労働大臣が指定したコースを受講し、終了後に手続きをすると、払った授業料の20%(最大で約10万円)がハローワークから戻ってくるという仕組みです。

もちろん英会話スクールなども、一般教育訓練給付金制度に指定されているスクールであれば対象となります。そしてレッスン料や入会金そしてテキスト代なども含まれます。

一般教育訓練給付金制度の条件

初めて制度を利用する方の条件

初めて一般教育訓練給付金制度を、利用する方の条件としては、雇用保険に加入していた期間が、1年以上の方が対象になります。

2回目以降制度を利用する方の条件

2回目以降、一般教育訓練給付金制度を利用する方の条件としては、雇用保険の加入期間が通算で、3年以上の方が対象になっています。
ちなみに転職していても、途中の離職期間が1年以内で、合計3年以上であれば、対象であると言われてます。

 

★実際のところ、自分が対象であるかどうか?判断がつきかねるようでしたら、最寄りのハローワークに、問い合わせていただくのが良いでしょう。

また、一般教育訓練給付金が利用できるスクールであるかどうかは、受講しようとしている学校の事務局に、聞いていただくのが良いでしょう。

一般教育訓練給付金を利用するにあたっての注意点

一般教育訓練給付金を利用するにあたって、注意点というのがあります。
それはスクールの期間が、3ヶ月以上であること、そして1年以内であることという条件になっています。

このプログラム以外は、給付の対象外になりますので、注意が必要です。

また給付金を受給する条件というものも存在していて、授業の80%以上の出席率であったり、英語であればTOEICのスコアであったりと、各スクールにおいて、給付金受給の条件が決まっています。

この辺も各スクールに詳しく、聞いて見るとよいでしょう。

★なお、オンライン英会話スクールに関しては、レッスン料が大変安いので、一般教育訓練給付金に関しては、それほど気にしなくても良いでしょう。

まとめ

一般教育訓練給付金は、ある一定の条件を満たした人が、受けられる制度です。
そこには注意点がいくつかあり、それを満たさないと給付されない場合もあります。

もらえる給付金のコースも様々です。興味のある方は一度色々と調べてみると良いでしょう。